KOSE米肌CCクリームの購入方法ですが、実は実店舗で買えるお店はほとんどございません。

ネット上でも「ドラッグストアでは売っていない」といった意見が多く上がっています。

なお、2018年12月現在、@コスメのサイト情報によると、実店舗では@cosme storeルミネ有楽町店と@cosme store上野マルイ店では販売しているそうです。

では、KOSE米肌CCクリームはどこで購入することがでるのかといいますと、通販になります。

KOSEの公式オンラインショップはもちろんのこと、Amazon、楽天市場、Yahooショッピング、Wowma!などで買うことができます。

ただ、一番お得に購入できるのはKOSEの公式オンラインショップですね。

 

商品自体の価格はKOSEの公式オンラインショップと楽天市場、Yahoo!ショッピングで同価格ですが、これらの楽天市場とYahoo!ショッピングで購入の場合、600円程度の送料がかかります。

一方、KOSEの公式オンラインショップでは、3000円以上の商品は送料無料となりますので、米肌CCクリームは送料無料で購入することができます。

しかも1/12(土)お届け分までは、もれなく肌潤改善エッセンス(6回分)もプレゼントしてもらえますので、KOSEの公式オンラインショップで買うのが圧倒的にお得であることがわかります。

また、KOSEの公式オンラインショップからは、この米肌CCクリームの各色(やや明るい自然な肌色と普通の明るさの自然な肌色)のサンプル各1回分を無料で、しかも送料無料でもらうことができます。「肌に合うかわからないから1回試してみたい」と思う方や「どちらの色にすればいいのかわからない」といった方は、一度KOSEの公式オンラインショップからサンプルをもらってから購入するのがいいかもしれませんね。

ネット通販が中心で、実店舗ではほとんど売られていない商品ですが@cosmeには200件以上の口コミが寄せられております。

やっぱり大手化粧品メーカーの商品だと、店頭での露出が少なくても、美容意識が高い人を中心に商品の存在が知られるようで、購入者も少なくないようですね。

また、口コミの内容を見てみますと、

「下地なしでも崩れにくくて、しっかりカバーをしてくれる」

「シミやくすみのカバー力が高い」

「ワンプッシュだけで綺麗についてくれるし、少量で済んでくれるのでコスパがいい」

といった口コミが投稿されております。

 

低い口コミ評価をしている人もいますが「肌には合わなかった」という意見が多く、肌質の問題なのかな、といった印象を受けました。

 

米肌ブランドではBBクリームも出しているようですが、CCクリームの方がナチュラルに使える、といった意見もありました。

KOSEの米肌ブランドは、造り酒屋に古くから伝わる醸造発酵技術を応用し、独自の技術によって生み出されたライスパワーNo.11の保湿力を特徴としたブランドですが、このCCクリームにもその技術が盛り込まれております。

そのため、乾燥肌に悩んでいて、かつベースメイクは手早く済ませたいと思っている方のベースメイクアイテムとして、米肌CCクリームは本当におススメできるアイテムです。

メイクしている間も保湿ケアできるなんて嬉しいですよね。

そして、米肌シリーズは化粧水や美容液といった基礎化粧品もございます。

これらも合わせて使うことで、よりライスパワーNo.11の保湿効果を発揮できますので、ライン使いをすることをおすすめです。

なお、最初の方にも記載いたしましたが、KOSEの米肌CCクリームは、KOSEの公式オンラインショップからの購入が最もお得ですので、ぜひ公式オンラインショップからご購入ください。